• 029-852-5556
  • お問い合わせ

新着情報

高齢者ケア

Q 天気予報で明日は雨と言っていたので、いつもより多く畑仕事をしたら、筋肉がコチコチで腕が動かなくなりました。鍼は即効性があると聞いたのですが。

(つくば市、男性67歳)

A 重い筋肉痛やギックリ腰などの急性の痛みで炎症を起こしている場合は、マッサージのような手技では深いところまでは届きません。痛みの根源である深層の治療をしなければ、痛みの改善はその場しのぎだけで終わり、時間が経つとまた痛みが出てきます。鍼(はり・ハリ)は炎症部分に直接打つことができるため、即効性があります。また、慢性的な肩こりや腰痛、ひどい関節痛なども、深層の筋肉の硬結(コリ)をとって血流を良くし滞りを無くす鍼(はり・ハリ)が効果的です。

また、神経痛の方は、少しの冷えや湿気だけでも体内に発痛物質が出来やすく、それによってだるさを伴った痛みが生じます。各種神経痛の痛みやしびれを取り除くには鍼灸(はりきゅう)施術はとても有効です。

高齢者に多い主な症状は「肩こり」「腰痛」「手足の関節の痛み」などです。今受けている病院の治療と併用することにより疾患の悪化を予防し、自立機能を回復させることで要支援・要介護を未然に防ぐことができます。なお、神経痛やリウマチ、五十肩、頚腕症候群、腰痛、交通事故後遺症や疼痛を伴う疾患などで医師から診断書や同意書が発行されると、健康保険による鍼灸(はりきゅう)の施術が受けられます。

市村鍼灸治療院(いちむらはりきゅうちりょういん)

※常陽リビングに掲載されました

ページトップへ戻る